筋肉系サブスクMuscleDeliレビュー
こんな人に見てほしい

✅筋トレの成果が出ない人

✅体を引き締めたくて、毎日の何を食べるべきか悩んでいる人

✅多忙で毎日の食べ物に気を遣えてない人

この記事でわかること

✅体型管理に最適な食事サービスMuscleDeliの良いところと悪いところがわかります

「引き締まった筋肉質な体になりたい」、「痩せてきれいになりたい」など体についての悩みは解決が大変ですよね。まずは、運動からと考える方が多いかと思いますが、体づくりには食べ物が8割、筋トレなどのエクササイズが2割と言われるほど、食事管理が大切です。

食べたものから身体ができるので当たり前と言えば当たり前ですが、私たちが思っている以上に食事の方が大切なのです。きれいな、かっこいい体になるためには、高たんぱくで低カロリーである食事を意識して摂取することが大切ですが、それがまた大変ですよね。

私も料理が好きで、かれこれ10年以上自炊を続けていますが、栄養価を厳しく意識するというのは大変ですし、食材も偏って、レパートリーが制限されてしまいますし、同じ食事が続いてしまうこともあります。メニューを調べるのにこれまでよりも時間がかかったりもします。

そういった、

・食事の知識の不足

・食事を管理する苦労

・食事を用意する時間のロス

をまとめて解決してくれるサービスを見つけました。

それが今回紹介するMuscleDeliさんです。

>>Muscle Deli

MuscleDeliって何?

MuscleDeliって何?

MuscleDeliは「ボディメイクや体づくりをしている人のための食事管理に最適な高たんぱく低カロリーな食事を提供するサービス」です。

そんな食事を、買い切りor定期購入で注文することが可能です。

次の5つの特徴がMuscleDeliのつよみになります。

特徴1:目的別の3サイズを展開

特徴1:目的別の3サイズを展開

・LEAN

 体を引き締めたい女性向けのコース

・MAINTAIN

 体を引き締めたい男性向けのコース

 また筋トレ効果を上げたり、体型キープを目指す女性向けのコース。

・GAINコース

 筋肉をつけマッチョマンになりたい人におすすめのコース

それぞれのコースに応じてメニューの量が変わってきます。あなたの目的に合わせたプランが選べるので、思ってたのとなんか違うな。となりにくいです。また、同様に食事宅配サービスはたくさんありますが、そもそも食事量を選べるというものは少ない印象です。栄養価の管理という目線で見れば、「男性」と「女性」、「アスリート」と「一般人」で食事量は全然変わってくるので、ここでボリュームを選べるのはとてもいいです。家族で暮らしていると、女性向けの少し足りないボリュームか、男性向けのがっつりで、女性は残してしまい罪悪感なんてこともあるので、かなり魅力的なポイントだと思います。また、目的別に食べるべき量を示してもらえると、普段の食事もこれだけたべればいいんだ!とペースがつかめるのもいいところだと思います。

特徴2:栄養士が監修した高たんぱくな食事

特徴2:管理栄養士監修の高たんぱく低カロリーな食事

筋肉づくりに必要なたんぱく質、ビタミンB群を多く含み、糖質の少ないメニューをそろえています。アスリートは粉のプロテインで摂取しているのが今や当たり前です。昔は、ほんの一握りの人しか飲んでいなかったプロテインですが、今や市民権を得て、誰でも一度は飲んだことがあるのではないでしょうか。とはいえ、あくまで補助なので、できる限り普段の食事から高タンパク低カロリーを意識したいですよね。もちろん、そんなあなたにお勧めになっています。

LEANでは、

 たんぱく質:30~40g エネルギー 350~450kCal 糖質35g以下 脂質 15g以下

MAINTAINでは、

 たんぱく質:40~50g エネルギー 450~550kCal 糖質45g以下 脂質 20g以下

GAINでは、

 たんぱく質:55~65g エネルギー 550~750kCal 糖質65g以下 脂質 25g以下

となっています。

たんぱく質ってどれだけ必要?

一般人が必要とするタンパク質量は体重1kgあたり0.8gと言われています。

40kgのヒトは32g、50kgのヒトは40g、60kgのヒトは48gが目安となります。

一方で、筋力アップを狙うのであれば、体重1kgあたり、1.2g~2.0gを目安にすると良いと言われています。

40kgのヒトは48~80g、50kgのヒトは60~100g、60kgのヒトは72~120g

となります。

この目安を考えると、MuscleDeliの食事が十分なたんぱく質を含んでいることがわかりますね。

ちなみにですが、通常の食事でこれだけのたんぱく質をとることは結構大変です。

豚小間肉を100g食べると、14.4g

有名な鶏むね肉を100g食べても、25g程度

LEANにも達していません。

特徴3:バラエティーに富んだ料理数(40品目以上)

特徴3:40種類以上の豊富なメニュー

食事管理するとありがいな、「同じ食事」、「同じ食材」ばかりで飽きるという現象から解放されまさす。毎日1つ食べても食べきれない量のメニューが用意されています。

正直、高たんぱくなメニューを毎日とろうと思うと、どうしても、鶏むね肉やささみが主食になってきます。もちろん、水晶鶏や鶏チリなどなど、いくらでもメニューは思いつきますが、限界が来ます。美味しく作れても鶏むねばかり、調理ミスるとぱさぱさというのには飽きてしまった経験が私にもあります。

豚肉や牛肉も食べたくなるのですが、タンパク質含有量がガクッと落ちて、カロリーがどかんとあがるので、我慢我慢となった経験があるかたもいるんじゃないでしょうか。

高たんぱくな食事を豊富なメニューから選べるというのは本当にすごいことです。

※ただし、メニューの選択はできないようです。ランダムに毎回違う料理が届きます。ただし、アレルギーや避けたい食品はもちろん伝えられるのでそこは安心です。考える時間が減るという意味ではおまかせもメリットにもなります。

特徴4:自然に続けられる味

特徴4:無理なく続けられる美味しさ

管理栄養士が栄養価と味を考慮したメニューを作っているため、どれもおいしく出来上がっています。後半で口こみを載せていますが、どのメニューもものすごく評判がいいので、どれを選んでも外れなしでしょう。

特徴5:温めるだけの手軽な食事管理

特徴5:温めるだけの手軽な食事管理

これは、ほかの食事系サブスクも同様ですが、冷凍弁当状態で食事がとどくため、レンジで温めるだけで調理が終わります。もちろん、冷凍なので到着後3か月以上の賞味期限があり十分です。

仕事や勉強・趣味に集中したいので、家事はできるだけ少なくしたいという方にとってはかなりポイントが高いと思います。

かくいう私も、平日は12,3時間ほど仕事をして、かえって時間があればブログを執筆してという生活をしているため、あまり家事に時間をかけたくない人間です。料理が趣味の私ですらこう思うのですから、かなり需要があるんじゃないかと思います。

ご家族をお持ちの主婦の方は、毎日の準備大変ですよね。平日の半分くらいはこうしたレンジで温めるだけで食べられる食事に頼ることでかなり負担を減らせると思います。もちろん、味・栄養価ともに抜群なので家族も不満を覚えることはないでしょう。

サービス体系

サービス体系

料金を表にまとめました。送料込み税別の値段になります。

プランLEANMAINTAINGAIN
5食セットお試し5300円(1食:1060円)5800円(1食:1160円)6800円(1食:1360円)
5色セット定期購入4900円(1食:980円)5400円(1食:1080円)6400円(1食:1280円)
10色セットお試し9800円(1食:980円)10800円(1食:1080円)12800円(1食:1280円)
10色セット定期購入9400円(1食:940円)10400円(1食:1040円)12400円(1食:1240円)

正直少し高めの値段設定ですが、栄養価等々考えると決して割高なサービスではないでしょう。

>>Muscle Deli

注意点

・定期購入は4回以上の継続前に解約をするとキャンセル料として3000円が発生します。自分に合うかどうか確認するためにもまずは、お試しから購入しましょう。

・お届け周期が1週間ごと、2週間ごと、1か月ごとから選択できます。この期間ごとに定期購入されるので、意図しない購入が発生しないように間違えないようにしましょう。

口コミ

まとめ

まとめ

今回は、ボディメイクをしたい人におすすめのサービスMuscleDeliについて紹介してきました。

このサービスを使うことで、

・高たんぱくでカロリーの低いな食事が飽きることなく手軽に摂取することが可能になります。

これまで、身体づくりが上手くいかずに悩んでいた方、食事管理が上手く悩んでいた方は、まずはお試しコースから購入してみてください。そして、続けられそうであれば、定期コースにして3か月間その食事を続けてみてください。

始めるのは今すぐが良いと思います。忘れたころにもう一度調べて、、、というのは完全に時間の無駄ですし、悩みは行動を変えなければ改善されません。

食事管理に関して今現在の最適解がMuscleDeliになります。多少値段はしますが、普段の職人の置き換えなので大きく家計に響くことはないでしょう。ぜひお試しください。

>>Muscle Deli

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事